まつ毛パーマNAVI
HOMELINKSITEMAP

HOME < まつげを巻きたい < まつ毛を飾る

まつ毛を飾る

まつ毛を飾るってどんな意味だろう……そう思う人もいるでしょう。まつ毛を飾る手段は色々あります。マスカラ一つをとっても、色のついたマスカラがあり、ブラックの他にもブルーやブラウンなどを筆頭に、カラフルなものが数多くあります。まつ毛を飾ることで、目を大きく見せる効果がありますので、毎日頑張ってまつ毛を飾っている人もいるでしょう。

まつ毛を巻く

前ページのような方法でまつ毛をカールさせます。やはりきれいにカールできるのは、まつ毛パーマですね。毛の向きもきれいにそろいますし、その上からするマスカラ効果もグンとあがります。

まつ毛カールの裏技

せっかくまつ毛パーマをかけても、たっぷりとつけたマスカラの重みでまつ毛が下がってしまう場合があります。そんなときの裏技を一つ紹介しましょう。カールしたまつ毛にマスカラ下地、マスカラを塗ったら、綿棒の棒の部分や爪楊枝などでまつ毛の根元を押さえ、その上から冷風を当てましょう。

ドライヤーの冷風で、塗ったマスカラを押さえながら一気に乾かすことで、上向きのパッチリまつ毛をキープすることができます。

コンタクトレンズを入れていると、目が乾いてしまうので注意が必要ですが、これはオススメの裏技です。自分は最初、半渇きの状態で、指で乾くまで押さえていたのですが、ドライヤーを使った方が早く仕上げることができます。

つけまつげをする

一部の若い女の子の間では、つけまつげが必需品になっています。

今のつけまつげにはキラキラと光るラメがついていたり、毛先にビーズがついているのもあります。毛の長いもの、密集しているもの、ポイント的につけるものなど様々です。

つけまつげを上手につけよう

つけまつげを上手につけられなくて悪戦苦闘していませんか? 上手につけるコツを伝授しましょう。

まず、先にアイライナーをひきます。アイライナーを引いておくことで、つけまつげをつける位置の目安にもなりますし、隙間が開いても気になりません。つけまつげを自分の目の幅に合わせて切っておきましょう。

つけまつげ用の接着剤を直接塗ると付けすぎてしまいますので、綿棒などにとってからつけまつげに塗ります。両手でつけまつげを持ち、目頭から目尻に向ってまつ毛の生え際に少しずつ貼り付けていきます。つけまつげをつけたら、自分のまつ毛となじませるために、軽くもみましょう。力を入れると、せっかく付けたつけまつげが剥がれてしまいますので注意しましょう。

その上から、軽くマスカラを塗ると、自分のまつ毛と自然になじみます。

まつ毛エクステ

髪の毛にエクステンションをつけることは、もう珍しいことではなくなりましたね。最近まつ毛にもエクステンションをつける人が増えてきています。ただし、目に近いことから誰でもできるというものではありません。せっかくサロンに予約をいれたのに、いざエクステをつけようとしても、できないと言うことにもなりかねません。

施術を行う前に自分でチェックしてみましょう。

まつ毛エクステができない人

エクステをしようとする前に眼科に通院していた人、またはしている人、アレルギーのある人、まぶたがかぶれたり痒くなったりしたことのある人、まつ毛パーマをかけている人はまつ毛エクステをすることができませんので注意しましょう。

まつ毛エクステができない人

まつ毛エクステは、1本のまつ毛にエクステンションを接着剤でつけていく方法です。本数はお好みによりますが、いつまでもついているものではありません。やはり取れてしまうのですね。1ヶ月くらいは大丈夫なようですが、まばらに取れてしまった場合は見た目がきれいではありません。

しっかりと接着するまでは5時間ほどかかりますので、まつ毛に触ってもいけませんし、入浴や洗顔もできません。寝るときの姿勢によっては、寝癖のようになってしまうこともありますので注意が必要です。

ビューラーも使えませんが、ホットビューラーなら大丈夫というサロンもあるようです。気になる洗顔ですが、オイルクレンジングを使うことはできません。ゴシゴシこすってもいけません。

エクステを引っ張って取ろうとすると、地毛まで抜けてしまいますので、専用のリムーバーを使わなければいけません。ここまで書くと、まつ毛エクステをすると、とっても気を使いそうですが、マスカラなしでもフサフサまつ毛でパッチリとした目になれるのですから、一度くらいは体験してみてもいいかもしれませんね。

▲ Back Top



スポンサードリンク



顔の印象が変わる