まつ毛パーマNAVI
HOMELINKSITEMAP

HOME < まつげにパーマ…大丈夫? < まつ毛パーマ Q&A

まつ毛パーマQ&A

かけなれている人にしてみれば、なんの疑問もないことでも、はじめてまつ毛パーマにチャレンジする人には疑問がいっぱい!見た目にかかわることなので、かける前は期待と不安が入り混じっているでしょう。

自分の想像通りにいくのかな?どんなことをされるんだろう……
ちゃんときれいにかかるのかな……
など、よくある疑問が解決できますよ。

Q:まつ毛パーマの持続期間は?

個人個人でまつげの毛質も違いますので、多少の個人差はありますが、約1〜1ヵ月半です。次にかけるときは1ヶ月以上あけてかけましょう。

Q:下まつ毛にもかけられる?

もちろんかけられます。下まつ毛は上まつげに比べて生える方向が一定ではなく、目尻に向って毛が寝てしまっている人、肌にペッタリ張り付くように生えている人、向きがバラバラな人、逆さまつ毛の人など、様々な生え方をしています。

こんな下まつげでも、まつ毛パーマをかけることで、バービー人形のようなクルンとした下まつげを手に入れることができます。これまでは、いくらマスカラをつけて頑張っても不揃いな下まつげが言うことを聞かなかったと思いますが、下まつげにパーマをかけるとマスカラもとても映えて、パッチリした目を手に入れることができますよ♪

Q:時間はどれくらいかかるの?

大体1時間程度です。上下のまつ毛に同時にパーマをかける場合は、1時間半くらいになります。目を閉じたままになりますので、眠ってしまう人がほとんどです。そんな自分もいつも寝ていました。

Q:まつ毛パーマがかかりづらい場合は?

まつげの硬さや太さによって、はじめてまつ毛パーマをかける場合、満足できるカールがでない場合があります。だからといって短い期間で再度かけるのはやめましょう。

いくら傷みづらいからといっても、何もしないまつげに比べ、何度もパーマをかけるのはまつ毛に良くありません。ある程度の期間をおいてから、再度かけてみましょう。きっと2回目はうまくカールがでるはずです。

Q:まつ毛パーマって傷まない?

まつ毛パーマは薬剤を使って、毛に癖をつけるものです。何もしていない状態に比べると全く傷んでいないとは言えないでしょう。でも、ビューラーで毎朝一生懸命まつげが上に向くように、何度も何度も癖をつけていることを考えると、ビューラーをかけるよりもまつげには優しいと言えます。

ビューラーはまつげが傷んで抜けてしまったり、切れてしまうこともあります。痛みすぎて何度ビューラーをかけても、思うようなカールを作ることができなくなってしまいます。まつ毛パーマは1度かけると1ヶ月から1ヶ月半ほどカールが持続しますので、その間まつ毛を傷めるビューラーをかけなくてもいいのです。

まつげをカールさせたいのであれば、やはりビューラーよりもまつ毛パーマでしょう。

Q:まつ毛パーマをかけるメリットは?

まつ毛パーマをかけるメリットは、毎朝メイクをするときに、ビューラーをかけなくてもいいという点、まつ毛が切れたり抜けたりする心配が少ないという点、メイク時間が短縮できるという点ですね。

せっかく苦労してビューラーで納得できるカールを作っても、マスカラ下地を塗り、更にマスカラを塗る頃には、下地とマスカラの重みでせっかく作ったカールが下がってきてしまう……なんて経験ありませんか? 元々上向きになっていないまつ毛をビューラーで上にあげただけですから、マスカラによって下がってしまうのです。

まつ毛パーマだと、まつげが上に向くようにしっかりと癖がついていますので、ビューラーであげたまつ毛とは違います。マスカラの重みで下にさがることもありません。メイク時間が短縮されるという訳もお分かりになりますよね♪

▲ Back Top



スポンサードリンク



顔の印象が変わる