まつ毛パーマNAVI
HOMELINKSITEMAP

HOME < まつげにパーマ…大丈夫? < まつ毛パーマのトラブル

まつ毛パーマのトラブル

以前は頭髪に使うパーマ液と同じ物が使われていて、それに伴うトラブルも多々ありました。技術が未熟だというのもあったでしょう。現在では、刺激の少ない液や、液誰しないようにクリームやジェル状になっているパーマ液を使用していますし、まつ毛パーマを行う人の技術もかなり向上しました。

それでもやはり、まつ毛パーマに関するトラブルはないとは言い切れません。まぶたが腫れた、などのトラブルは、事前カウンセリングのアレルギーなどの聞き取り調査で防ぎようもありますが、技術的なトラブルもないとは言い切れないのです。

まつ毛が折れた

まつ毛パーマをかけたら、まつげに角がついて折れてしまたっというトラブルがあります。

これはカウンセリングを十分に行わずに、まぶたのカーブやまつ毛の長さに合っていないロッドを使うためです。


また、まつげの毛先がチリチリになってしまうというトラブルもあります。これは、慣れない技術者がまつ毛をロッドに巻きつけるとき、毛先まできちんと丁寧に扱わないことも原因の一つになっています。

もちろん折れたりチリチリになってしまったまつ毛の修正はききますが、まつげに続けてパーマをかけることはあまり良いことではありませんので、ある程度期間をおいてからでなければ、まつ毛が傷んでしまいます。

肌トラブル

肌のトラブルもカウンセリングやロッドの当て方で回避できるものです。トラブルの中で一番多いのがこの肌トラブル。
まぶたがかぶれてしまったり、赤く腫れてしまう場合があります。肌が弱いのに、ロッドをまぶたに接着させてパーマをかけるため、肌がかぶれてしまうのです。

これはカウンセリングをしっかり行っていれば、かぶれる可能性も分かることですし、最近では、ロッドを肌に貼り付けなかったり、直接肌につけないようにして施術を行うサロンも増えてきています。また、まつ毛を筒状のロッドの貼り付けるのではなく、まぶたに置くタイプのロッドも登場してきていますので、肌の弱い人は、どこのサロンでどんなロッドを使っているのか、情報を集めてから行った方がよさそうですね。

液でトラブルに

現在でも、頭髪に使うものと同じパーマ液をまつ毛パーマに使用しているサロンがあるようです。
現在主流になっている、液だれしにくいパーマ用の液は、流れて目に入ることも稀なのですが、液体の場合は流れて目に入り、痛みを伴ったり充血したりするトラブルがあります。

中にはまつげが全て抜け落ちてしまった人も過去にはいるようです。本来、頭髪用のパーマ液をまつげ用として使用するには薬事法の関係でできません。最近では、化粧品として認可されているまつ毛用の液を使用しているという技術者もおりますが、化粧品でかぶれを起こす人もいることは事実です。カウンセリングの際にはきちんと自分の体質を告げるべきですね。

まつ毛エクステのトラブル

ここでは、まつ毛エクステのトラブルについても、少し触れておきましょう。まつげエクステは、1本のまつげに人工毛を接着剤でつけていくもので、角膜炎などのトラブルが報告されています。まつげエクステをしたあとに、なんだか目がゴロゴロする……そんな時は、角膜に傷がついてしまったのかもしれません。

角膜炎になって放っておくと、視力が低下してしまったり、最悪の場合は失明の危険性もあります。仮に角膜に傷がついても、小さな傷だと痛みもすぐになくなって傷も治ります。水道水で洗って、目に入った接着剤や薬剤を流し、その後、抗菌目薬をさしましょう。抗菌目薬をさしても傷みや違和感が取れない場合、早めに眼科を受診しなければいけません。まつ毛パーマのときもそうでしたが、まつ毛エクステも急激に取り扱うサロンが増加し、技術が未熟なためにトラブルになることも多いのです。つけまつげをしなくてもフサフサのまつげになるのはとても憧れますが、当然リスクもあるものとしなければいけません。

▲ Back Top



スポンサードリンク



顔の印象が変わる